紫城 けい

投稿日: カテゴリー: ブログ

皆様、こんにちは。

先日、千年桜雅が千秋楽を迎えさせていただきました。

この千年桜雅には本当にたくさんの思い出があります。

Aパターンでの菊千代役は、初めての和物、そしてまさかの女形という難しい役でした。

女形としての可憐さ、男としての芯の強さ、さくらを想う恋心などいろいろな感情を表現するのに苦労したのを覚えています。

そして、Cパターンめは沼部役をさせていただきました。

沼部はいかに悪役に見せるか、普通の年齢の高い役ではなく、いるだけで恐ろしく、存在感のある見せ方をいつも考えていました。

雅繁様との一騎打ちは本当に毎回緊張していました。あの、一騎打ちの始まる曲が流れると今でも手に汗握ってしまうほどです…

本当にたくさんのことを学ばせていただいた作品でした。

この素晴らしい経験を胸に、これからもっと飛躍して参ります。

 

そして…

チームウィング

『空を翔る夢〜オルゴールの記憶〜』

皆様のお越しを心よりお待ち致しております。

どうぞ宜しくお願い致します!!!!